岸和田市立浜小学校へ 2018.10.23

久しぶりの浜小学校。
玄関で、春先まで、「鼻毛先生帰れ」と言っていた児童が、「北海道の鼻毛先生、今日は教室来るんか?」と訊きました。今日は行けないと伝えると、「えー、いつ来るんよ」と言います。担任との関わりも長く深くなってきましたから…感動的ですよね。

今日は4年生のクラス。ごんぎつねの単元型『学び合い』に挑戦したばかり。今日の授業のオーダーは、書くこと。WWで。
f:id:suponjinokokoro:20181023191845j:plain

30日の指導案検討。3年生。
授業も見せていただくが闊達。
グループで話し合おうの単元。
当然実際にやってみる。参加の先生からどんどん意見が出てきました。

自分の学びを見つけるために悪戦苦闘している子どもたちたくさんいる学校です。そして、だからこそ、教室でも職員室でも、心が動く場面がいっぱいいっぱいある学校です。

今日も、国立第一中学校へ 2018.10.22

午後から。
先週末に訪問した時から今日までのほんの数日にあったことを持ち寄って、子どもたちの様子を見ながら話しました。日本の学校の「今」の話。既にもう起きている一億同水準皆教育ではない現実の話。
f:id:suponjinokokoro:20181022212022j:plain
その後は、合唱指導を引き続き。
学校の中に、子どもも先生も幸せを見つけにくいって…どういうことなんだろうかねえ、一体。

太智さんと話しながら、30年前の大学時代に、恩師の一人佐々木周さんが尾崎豊のことを話していたのを思い出しました。周さんの家に遊びに行った時に訊いたんだったかな・・・。
<尾崎のコンサートに、ぼくも窓ガラス割りました、盗んだバイクで走ってます、高校中退しました、という若者がどんどんやってくる。尾崎はいつの間にか、彼らに人生を説教し、「まっとうな生き方」をステージから話すようになり・・・、彼らの人生を一所懸命共依存的に背負おうとしている>という話。
ぶっとんだ実践の成功例を話すことで、多くの先生がぼくもわたしもと思う。ぼくもまさに従来の学校の枠組みでは行われてこなかったタイプの実践者の一人として、実践例を誇らしげに示してきた一人なんだ・・・そして、その実践例を見ながら、準備もなくパンドラの箱を開けていく先生がいるんだ・・・さあ、どうする、自分、と思います。

かつての通勤路とか、神楽見本林とか、

父の様子を見に行ったついでに、見本林へ行きました。目当てのヤマブドウはもう当然なくなっていたけれど、静かで美しい場所でした。

f:id:suponjinokokoro:20181021194141j:plain

f:id:suponjinokokoro:20181021194402j:plain

f:id:suponjinokokoro:20181021194539j:plain

その後、かつて極小規模小中併置校勤務の時に通った道を走りました。秋の朝、冬の朝、驚くような表情を見せる瞬間のある道でした。

f:id:suponjinokokoro:20181021193921j:plain

今日しかない。そして、この先このタイミングではもう来れないかも知れない、そんなことを思いながら行きました。

f:id:suponjinokokoro:20181021194305j:plain

明日は、国立第一中学校です。

 

嫌なことを言いそうな週末

嫌なことを書いてしまうと思います。

10月中旬を過ぎて、厳しい状況を迎える学校教室が多くなる季節を迎えました。

f:id:suponjinokokoro:20181020213316j:plain

今日は朝から、しかも移動があって早くから出かけたこともあって、ぼうっとフェイスブックのタイムラインを見ていたのですが、耐えがたいくらい嫌な気持ちになってしまいました。

見なきゃいいだろうという話がよくあるのですが、ぼくはそれは実は、強者の言い分なんだよなと思っています。うまく行っていない人ほど、じわじわとぐるぐると見てしまう。そういうもんじゃないでしょうかね。

ぼくは、今、学校現場に外部から支援の形で入っている人間としては、日本有数の立場だろうと思います。今月でいっても、入る学校は(学校ではない支援現場もあります)16校。飛び込み授業が30時間程度。関西圏、北海道、四国、東北、関東、中京です。全国様々な学校に入ると、この季節、学校・学級が本当にしんどい胸突き八丁であることを実感する場面もたくさんあります。職員室も、職員同士もしんどいところはたくさんたくさんあります。明日学校に行けるかどうかわからないぎりぎりのところで働いている先生だっていっぱいいます。

ところが、この週末ぼくのタイムラインに流れてくる記事といえば・・・こんな素晴らしい授業です、こんなすばらしいカリキュラムです、こんなすてきな取り組みです、雑誌に素晴らしい原稿を書いたから見て下さい、こんなすごい先生の集まる凄技研究会で学びました、こんなあっぱれな子どもたちです・・・身震いするほどのすばらしい世界であふれかえっています。

いや、秋は刈り取りの季節です。実りの季節です。わかるんです。

でも、ぼくが見ている学校・教室の状況と、なんだかずいぶん違うのですよね。

f:id:suponjinokokoro:20181020214404j:plain

なんといったらいいんだろうか、もう少しだけ想像力を働かせながら、発信したりはできないもんだろうか、と思うんですよね。そもそも学校っていうところで働く人は、そこには見えていないもの、そこにはないもの、それとそれとの狭間にあるもの、そのすぐ横に横たわっているかもしれないもの、そういうものへどれだけイメージを働かせることができるかっていうところで勝負するもんなんじゃないか、と、思うのですよ。

刈り入れの秋の週末は、なんというか、残酷すぎる、今日のタイムライン、ほんとにうんざりでした。

国立第一中学校へ 2018.10.19

今年度6回目。昨年度から19回目になると思います。今日はいつものように井上太智さんの理科の授業を3クラス拝見。そして25分ずつ1年生3クラスの合唱指導。濃厚な1日。

授業では、光の単元と音の単元の順番が入れ替えられていました。昨年度の光の単元の停滞を踏まえた入れ替えです。また音の単元からは振り返りシートが登場。いつも何かが変わっている、太智さんの授業です。冬に向けて、畑は少しお休みって感じ。

数日前に大野睦仁さんがFBかTwitterかに問い出し授業の難しさについて書いていました。朝比奈さんの教室でもまさにその点が悩みポイントでした。太智さんは、今、問い出しを授業の最初ではなく、活動を転がしてから出す、場合によっては単元の最後に出すを想定して活動中。無論個別化を図り、それぞれのサイクルで出すということも想定するにせよ、公立中学校の授業制度の中で可能な形を模索する姿に、ビビッときます。
f:id:suponjinokokoro:20181019163403j:plain
合唱は力の使い方がわからないパワフルな子たちの力を歌に寄せていくプロセスをみんなで共有する時間になればいいなあと思っていました。さてどうだったかなあ、少しか役に立てただろうか。

4階の教室を出て。階段を降りていくと、校舎じゅうに歌声がいっぱい。涙がでそうになりました。ぼくは合唱コンクールやめたらいいと、ことあるごとに言っているのですが、でも合唱好きなんだな。自分の身体の一部を形成していると思えるくらい、好きなんだ。そう思いました。
f:id:suponjinokokoro:20181019163527j:plain
今、来年現場に戻ると決めていることで、いろんな現場の中に、自分の姿を見つけようとすることが多くなりました。国立第一中学校は、この1年半の自分の心を映し出すような場所だなと思います。何の記録も残さず,ただただ現場に入り対話するだけの時間。論文とかにもできたのかなと思った時もやはりあったけれど、自分の有り様や立ち方を、結局クリアにしてくれる場所なんだと思います。今日は久しぶりに一人で入ったからなおさらか。去年の4月に入った時はぼく一人だったんだなあ、と思い出しながら。

去年の4月何も決めていないぼくを学校に誘ってくれたのは、井上さんとリタリコの木村くんでした。ぼくよりずうっと若い二人だったということも、幸せなことでした。その二人の誘いがぼくの時間を豊かにしてくれたと思うと感謝でいっぱいですね。
北海道のコミュニティを置き、長くつながっていた民間教育のコミュニティも置いて、東京に来ました。
そうして新たに広がった世界もつながりも、来年はまた置いて先に進むことになるのだろうけれど、大切な感情は手放さないでいたいと思います。
f:id:suponjinokokoro:20181019163632j:plain
いつも帰り道は歩く。途中の大好きな喫茶店に寄ります。東京も、秋が深まってきました。

次は22日。もう一クラス合唱指導。

対話っていうのはそれぞれに見えている世界の持ち寄りなんだ

昨日は立川で、海外へのインターン支援で著名なNPOに所属する学生2名とお話しました。二人ともとても優秀な学生なんだなと思います。彼らのプロジェクトの概要もよくわかりました。
先日のマイプロの高校生の少し先の姿がみえるような。
f:id:suponjinokokoro:20181019120105j:plain
ご協力できることはしてみたいとお話してきました。対話っていうのは自分に見えている世界の持ち寄りなんだなと思います。

今年度の予定(2018.10.18~2019.3.31)

今年度の予定の最新版。10月中旬以降…。あちこち変更になっていますので、ご確認ください。一緒に入ってみたい日程などがありましたらできるものについては調整しますので早めにご連絡ください。現在まで決まっているものです。実際には交渉中のもの、公にはしないものもありますが、空いているところは、学校に入ったり、研修会を開催したりできる可能性のある日程です。お近くの方、動きをみながらご相談ください。 

f:id:suponjinokokoro:20181019010951j:plain

<10月>

 

10月19日金 東京都・国立市立国立第一中学校(合唱指導)

10月22日月 東京都・国立市立国立第一中学校(合唱指導)

10月23日火 大阪府岸和田市立浜小学校

10月24日水 大阪市立東中川小学校公開研

f:id:suponjinokokoro:20180811221026j:plain

10月25日木 名古屋市立伊勢山中学校

10月28日日 授業づくりネットワーク理事長訪問⑰静岡

www.kokuchpro.com

10月29日月 大阪府・太子町立山田小学校

10月30日火 大阪府岸和田市立浜小学校

10月31日水 大阪府岸和田市立朝陽小学校

<11月>

11月1日木  授業づくりネットワーク次号対談取材(佐伯胖さん、大島崇行さん)

11月2日金  北海道・標茶町塘路小中学校

11月3日土  授業づくりネットワーク理事長訪問⑰釧路

www.kokuchpro.com

11月4日日  授業づくりネットワーク理事長訪問⑱帯広

www.kokuchpro.com

11月9日金  山梨県甲斐市立双葉中学校

        学級通信の腕を上げる会③甲府

www.kokuchpro.com

11月10日土 武蔵大学教育実習生支援

11月11日日 リフレクション祭in東京

kokucheese.com

11月12日月 東京都・国立市立国立第一中学校

11月13日火 横浜市立山田小学校

11月14日水 大阪府岸和田市立朝陽小学校

11月15日木 奈良県・葛城市立新庄北小学校

11月16日金 京都府八幡市立美濃山小学校

11月19日月 徳島県・上板町立東光小学校

11月20日火 大阪府岸和田市立浜小学校

11月21日水 大阪市立豊里南小学校(公開研修会)

11月22日木 徳島県徳島市立新町小学校

11月23日金・祝 授業づくりネットワーク理事長訪問⑲徳島

11月27日火 横浜市立山田小学校

11月29日木 奈良県・葛城市立新庄北小学校

11月30日金 京都府八幡市立美濃山小学校(公開研究会)

www.kyoto-be.ne.jp

<12月>

12月1日土  授業づくりネットワーク⑥福岡

12月3日月  Teach For Japanフェロー支援(北九州、予定)

12月4日火  東京都・江東区有明中学校

12月5日水  大阪府岸和田市教育研究会国語部

12月6日木  名古屋市立伊勢山中学校

12月8日土  授業づくりネットワーク⑦三重 三重大学教育学部

12月9日日  授業づくりネットワーク理事長訪問⑳三河安城

12月10日月 京都女子大学教職入門講義

12月11日火 大阪市立豊里南小学校

12月12日水 大阪府・太子町立山田小学校

12月14日金 北海道・紋別市紋別小学校

12月18日火 北海道・北広島市立大曲小学校校内研修

<1月>

1月5日土   ファシリテーション×国語 大阪 

wbmf.info

1月6日日   ファシリテーション×国語 東京

wbmf.info

1月7日月   東京学芸大学教職大学院ゲスト講師(岩瀬直樹講座)

1月9日水   大阪府岸和田市立朝陽小学校

1月12日土  授業づくりネットワーク理事長訪問㉑仙台

1月19日土  授業づくりネットワーク⑧名古屋

1月23日水  大阪府岸和田市立朝陽小学校

1月25日金  横浜市立永田台小学校校内研修講師

1月26日土  横浜・サークル「横浜Shares」読み聞かせ講師

1月27日日  授業づくりネットワーク⑨大阪

1月29日火  大阪市立東中川小学校

1月30日水  大阪市立豊里南小学校

1月31日木  大阪府岸和田市立浜小学校

<2月>

2月2日土   授業づくりネットワーク理事長訪問㉒甲府

2月3日日   授業づくりネットワーク理事長訪問㉓松本

2月4日月   山梨県甲斐市立双葉中学校

2月7日木   大阪府・太子町立山田小学校

2月12日火  徳島市立新町小学校

2月13日水  徳島県・上板町立東光小学校

2月16日土  授業づくりネットワーク理事長訪問㉔北海道・新日高町静内

2月17日日  マイプロ北海道予選in札幌

myprojects.jp

2月19日火  大阪市立東中川小学校

2月20日水  大阪市立豊里南小学校(公開研修会)

2月21日木  大阪府・太子町立山田小学校

2月22日金  大阪府岸和田市立朝陽小学校

2月23日土  授業づくりネットワーク⑩岡山

2月24日日  授業づくりネットワーク理事長訪問㉕米子

2月25日月  Teach For Japanフェロー支援(北九州、予定)

<3月>

3月2日土   授業づくりネットワーク理事長訪問㉖茨城・水戸

3月5日火   奈良県・葛城市立新庄北小学校

3月6日水   大阪市立豊里南小学校

3月7日木   大阪府・太子町立山田小学校

3月11日月  大阪府岸和田市立浜小学校

3月23日土  蝦夷の教育文化フェスティバル

80・90・00・10年代を駆け抜けた大谷和明「耳順」記念セミナーin札幌 

kokucheese.com

3月29日金  授業づくりネットワーク理事長訪問㉗仙台

3月30日土  授業づくりネットワーク⑪仙台

 

岸和田市教研国語部授業研 2018.10.17

岸和田市教研国語部授業研で、岸和田朝陽小学校へ。研究部長さんに呼んでいただき。

授業者は昨年から何度か教室も拝見し、よく知る、若手の武田先生。昨年小野くんと一緒にみて素晴らしいよねと話した、あの先生です。

今日は国語。小5.

f:id:suponjinokokoro:20181017184948j:plain

実に細やかな指導過程づくり。そして、教材の価値と、国語科の学習としての質にこだわったツール選択と授業展開。

しびれました。

今日のぼくの仕事は、検討会のファシリテーション

今回は、久しぶりに(岸和田でははじめて)、必殺技、鉛筆対談フィードバックを活用しました。

笑顔と対話があふれる校内研修

笑顔と対話があふれる校内研修

 

<実際の流れ>

15:00~15:10 研究部長の萩野さん主旨説明
15:10~ 授業と同じように付箋を貼り、それをグループで台紙に分ける。
15:30~ 子どもたちの付箋を見る。
15:40~ 自分たちが付箋を書き、それをグループした経験と重ねて、授業改善のポイントを考える
15:55~ 武田さんと対談する
16:05~ 鉛筆対談する
16:15~ 発表 → 武田さんの振り返り
16:25~ 角銅さんの指導助言
~16:50 終了

市教委の角銅さんの指導助言、素晴らしいなあ。学校の研修、授業づくりにがっちりと噛むことで初めてできる助言というものがあるなあと思います。今回もすばらしかったです。

 

東洋古陶磁展 造形と意匠 2018.10.16 たましん歴史・美術館

前から立ち寄りたいと思っていた国立のたましん歴史・美術館へ。
100円。多摩信用金庫の収蔵する美術品を主に展示する。今回は古陶磁。前漢時代や朝鮮王朝の壺、景徳鎮窯のもの、さらに伊万里、鍋島・・・40点。
f:id:suponjinokokoro:20181016162336j:plain
もちろん活用されるもの。埋葬奉納されるものなど様々なのだが、なんというか実にいろんなフォルム、なんだ。今では考えられないような形のものがある。人間はこうしてみると、ありとあらゆる素材で、ありとあらゆる形を形作ってみてきたんだなあと思います。その素材では作り得ないと思われるような形や厚みや、色合いや、そういうことに挑戦してみたいという好奇心というか。