稚内市立稚内南小学校校内研修へ

いい天気、気持ちのよいドライブでした。

稚内南小学校は、高橋正一さんの授業を見に行って以来10数年ぶりだと思います。

今回のテーマは道徳です。

5時間目、全校の授業を見せてくださり(指導主事みたい…苦笑)、6校時は授業をし、放課後道徳授業に関しての40分ほどの講座でした。

f:id:suponjinokokoro:20180420213008j:plain

ペアやグループ学習をたくさん行う授業。某所で活用しているのを見せていただいてから、このところ3人トリオの学習に興味もあり、4人の活動と3人の活動。こうした活動にまだ子どもたちが慣れていないこと(春始まったばかりですもんね)、ぼくの手際の悪さもあり、いつもと違って少し時間を超過しました・・・反省です。でもおかげさまで、見ていただこうと考えていた授業の骨格は全て見ていただいた上で、放課後の研修に入ることができました。

f:id:suponjinokokoro:20180420211435j:plain

快く学級を公開してくださって授業をさせてくださった担任・学級の子どもたち、研修の講師として受け入れてくださった管理職、研究担当の先生、感謝感謝でした。研修も大変楽しい時間でした。感想にこちらが勇気づけられるほどです。

春の子ども達、本当に意欲的です。どのクラスも、先生方との幸せな出会いの最中。いい時期に学校に呼んでいただいています。

北海道にはしょっちゅう帰ってきているのですが、こうした形で研修に入れていただく機会はまだそんなに多くないのです。いろいろやれますので、ぜひお呼びくださいませ(笑)。

少し書いておくと、「主教材」+「わすれられないおくりもの」の読み聞かせという、ぼくが得意とする構成。絵本は主教材との「類比的」なもの。「だいじょうぶだいじょうぶ」「100万回いきたねこ」などの類種の本があるわけだが、「わすれられない・・・」を選んだのは、この作品は子どもたちが3年生の時に国語で既習だからです。読み取りに時間がかかりすぎるものを、合わせる教材ではできるだけ選ばないようにする、ということですね。

 

明日は、同じく稚内。今年度理事長訪問の二回目です。

www.kokuchpro.com

こちらも15名近いご参加をいただいているようです。楽しみです。

 

家庭訪問

2010年の4月20日、ぼくは家庭訪問をしていたようです。

古いブログを開くと、次のような記事がその日付でありました。

4年ぶりの家庭訪問が昨日からはじまっている。                           家庭訪問は、まさに「対話」だなあと思う。                             それぞれの立場、背景、考え、同じところも違うところも、一戸ごとに違う。              違うことが前提で、双方の意見を出し合っていくことで、新しい知見が生まれていく。          対話は、双方の意見を一緒にするために行うのではない。                       むしろ十分に違いを鮮明にするために行うものである。                        それは技術や方法ではなく、多分、在り様とか、考え方とか、そういうものに、より近い。        いい時間を過ごしている。

その3年後の2013年5月20日の記事は、次のようになっています。

保育所の家庭訪問。
ベテランと若手。ベテランの方はこの町で30年務めているという。ぼくが担当している中学生たちの多くもこの方のお世話になって上がってきたのだなあと思うと、自然と頭が下がる思いである。
保育所には本当にお世話になりっぱなしである。
うららは毎日幸せな時間を過ごさせていただいている。

どうやら、この日がぼくがはじめて家庭訪問を受ける側になった日だったらしい。

今日は、そこからさらに5年がたって、うらら入学後、初めての、つまり小学校初めての家庭訪問でした。同業者として家庭訪問からいろんなことを学ぶとか、感じるとか、そういう話を時々聴きます。でも、ぼくにとっては、やっぱりこれはもうただただ感謝だけでした。

f:id:suponjinokokoro:20180419224602j:plain

今年は北海道北部は空前の雪解けの遅さだと思います。白鳥の北帰行も例年になく遅れているのだなと、車を走らせながら思いました。突哨山のカタクリも、久しぶりに連休ど真ん中が満開かも知れませんね。

実家の庭の片隅に、フクジュソウが咲いていました。

f:id:suponjinokokoro:20180419224624j:plain

明日は、稚内南小学校。翌日は稚内市内で授業づくりネットワーク理事長訪問。

 

クリアな校内研修だった

京都府の市立小学校の今年度の校内研修開始。

渡辺貴裕さんに同行する形で参加。なにしろ平井さん、糸井さん、武田富美子さん、武田緑さんというメンバーで、校内の先生はわかっている人も全然わかっていない人もいるのでしょうが、めちゃめちゃ豪華なメンバーが普通に「参加者」になっている校内研修会でした。研修リーダーは藤原由香里さん。授業もして研修のファシリテーションもするわけですから、大変です。

 

f:id:suponjinokokoro:20180418194957j:plain

で、「演劇的手法」「学びの同型性」を中核に据えた、美濃山小の研修は、藤原さんのファシリテーション(「藤原さんだけ」といういい方は正しくない・・・職員の協同性も極めて高いわけで)、渡辺先生のインストラクションとも、実にクリアというかシンプルです。

子どもの気づき、子どもの思い、それを「なってみる体験」から、ぶれずに感じ取り続ける・・・ステキな研修です。

suponjinokokoro.blog112.fc2.com

suponjinokokoro.blog112.fc2.com

suponjinokokoro.blog112.fc2.com

ぼくも岸和田の小学校での研修デザインとファシリテーションがまもなく始まるので、これは本当に参考になります。

授業は、国語光村小5「なまえつけてよ」。

最後に「なりきり手紙」を書くのですが、この活動へのぼくの違和感は相変わらずでした。この件はまたもう少し自分の中で熟してから書いてみようと思います。

それと、昨年の公開研修会の時にも思ったのですが、藤原さんの板書は、これは執拗で、衝撃的でした。ぼくの知る限り、ここまで書き残そうとする先生は、藤原友和さんくらいしか思い浮かばない、あるいは系統は違うが、菊池省三さんの「白い黒板」か・・・。

藤原さんは子どもたちの声が限りなくおもしろい人なのだと思います。で、それを拾い続けることで世界を知ろうとするような、そういうアプローチをする人なのだろうと。アートへの親和性の高い人なのに、言語で表現することへの強いこだわりもあるのだと思います。「なりきり手紙」へのこだわりと、一人、「同型性」を感じたりしていました。

今年はきっとまた何度か来れるでしょう、楽しみです。

 

 

音楽を探す夜、メイ・サートンを思う夜

理想としては、今日25ページほど原稿を書くはずでしたが、結局一ページも書けず。なにかが、腐りました。自分をコントロールするというのは、本当に難しいことです。

自分にとって中心となるものを決して明け渡さないこと、気を散らさないこと。それ以外には何もないのです。

メイ・サートンの『わたしの愛する孤独』(落合恵子訳、立風書房,2001)の冒頭の語りを思い出します。 

わたしの愛する孤独

わたしの愛する孤独

 

ぼくに必要なものは、きっと本当の孤独なんだろうなあ。

静かな部屋とか、独り占めしている気がする時間とか、そういうもっともらしい孤独のアイテムではなく・・・。

美しい音楽を凝視するしかない瞬間の連続とか。

今夜、暫定的にたどり着いた音楽は、あまりにも甘美。 

カステルヌオーヴォ=テデスコ:ヴァイオリン協奏曲集

カステルヌオーヴォ=テデスコ:ヴァイオリン協奏曲集

 

 カモミールは、眠りのお茶。

 

原稿を書く

考えてみれば、もう5年以上、ぼくが一番やりたいことは、原稿を書くことだと思う。

やりたいのか、やらなければならないのか、ぐちゃぐちゃでわかっていなかったのだが、最近少しずつ、それはやりたいことなのだとわかってきた。そして、なぜやれないかというと、うまく書けないからだということもわかってきた。 

V Cto in D Min Op.15 / Cto for V & Orch

V Cto in D Min Op.15 / Cto for V & Orch

 

今日は大好きなアジジアンの弾くウォルトンを聴いているのだが、うまく書けなくてイライラしている。せっかく関西旅程の真ん中に一日だけ空いた日を、結局うまく使えない自分にも腹を立てている。

f:id:suponjinokokoro:20180417134912j:plain

猫は本来、流水を呑む生き物なんだそうだ。

先月の写真。

 

授業で心を温めていける先生

今年度、おそらく継続的に入ることになる教室。

3月に下見し、今日が今年度のスタートです。

一週間が経過した教室は、既にいろんなことが順調に進んでいました。

学級通信の読み聞かせからスタートし、学級の憲法をみんなで創る試みまで・・・二週目の月曜日は朝から、よく練られた授業が丁寧に展開されていきます。

授業で心を温めていける先生。すてきです。

f:id:suponjinokokoro:20180416213626j:plain

小一時間リフレクションを進めていくと、大切にしたいと考えていることも、これからの課題も、見えてきます。

いい一年になりそうな予感に満ちた船出に立ち会いました。

 

夜は、せいこさんと編集者と、本の相談。きっとほんとに出ます、国語の本。

 

6月の予定

6月の予定も結構入っていますが、お近くの学校など、相談次第で入れるかも。

 

6月9日土   授業づくりネットワーク理事長訪問⑧北海道名寄~

www.kokuchpro.com

6月10日日  授業づくりネットワーク集会②北海道

www.kokuchpro.com

6月14日木  奈良県・葛城市立新庄北小学校

6月15日金  福島県二本松市立神殿小学校

6月16日土  「これから」の授業とクラス~教室の当たり前を問い直す~ in福島県・郡山

   

www.kokuchpro.com

6月18日月  大阪府岸和田市立朝陽小学校

6月19日火  大阪府・太子町立山田小学校

6月20日水  大阪市立豊里南小学校

6月21日木  大阪市立東中川小学校

6月22日金  和歌山県田辺市立近野中学校

6月23日土  授業づくりネットワーク理事長訪問⑨紀伊田辺

www.kokuchpro.com

6月24日日   授業づくり一日講座・・・清風堂書店・授業研究所・・・大阪

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/20/ad/94c254b903cfadcd747d7fb80cb433ca.png

6月28日木   大阪府岸和田市立浜小学校

6月29日金   大阪府岸和田市立朝陽小学校