ぼくの2022年4月以降の働き方について

2021年10月になりました。今年度の後期がスタートです。

そこで、次年度の自分の働き方について示し、皆さんのご協力をお願いしたいと思っています。

 

以前からお話している通り、2022年4月より最低1年間はぼくは小学校もしくは中学校で働こうと考えています。その理由も近しい方々はご存知の通り、今の「ばん走」の仕事は学校の現状・現実との真摯な向き合いをベースにしているからであり、すでに学校を離れて4年半が経過したぼくにとっては、学校で子どもたち・先生方と楽しみながら苦労する時間と場を必要としているからです。

ぼくには、「ばん走」の仕事と学校の教育活動とを並行的に行き来する日常をベースに働きながら提案していきたいという願いがあります。

 

そういうことで、2022年4月から月曜日から水曜日の毎日。学校に入って主には授業を子どもたちと一緒に創っていけないかなと思っています。状況次第では月曜日から木曜日でも構いません。また学校研修をベースに学校研究と組織開発を進めたいという学校について内部でそのお手伝いをしていくことも上記の条件の中で可能です。条件に適合すれば学級担任の補助や新卒のお手伝いも可能です。

 

小学校は国語の専科で入ることはなかなか難しいでしょうが、ぼくの可能性にかけてみたいという学校とは真摯に対話をして実現したいと思っています。また中学校においてはもちろん教科指導をベースに指定の曜日については午前午後を問わず入ります。

 

公立の学校でという優先的な希望はありますが、願いの強さと条件によっては、私立も考えます。

木曜日ないし金曜日は、これまでと同じような学校ばん走・個人ばん走を続けたいと考えています。

 

上記のことについては、ぼくが暮らしている国立市から勤務できることが希望です。また、ばん走については、関東圏(電車程度で日帰り圏内)がメインになりますが、交通費・宿泊費もご用意いただくことを条件に関西圏・四国・中国・九州・東北・甲信越も検討します。北海道については、移動に合わせる形で講師料のみでのばん走も可能です。

 

1on1オンライン対話は継続して行っていく予定です。

f:id:suponjinokokoro:20211001164713j:plain

以上とりあえず今考えていることを速報的に書きました。

遠慮なくご相談ください。真摯に検討いたします。